敵にも味方にもなるコスメカウンター

敵にも味方にもなるコスメカウンター

 

「なんとなくコスメカウンターは敷居が高い」

 

 

と漠然を思っている方は多いのではないでしょうか。

 

 

「何か強引にかわされそうで怖い」

 

 

そういう意見もあります。

 

 

美しくメイクし、着飾ったB.A,(ビューティー・アドバイザー)を見て、気後れするから嫌になるという方も多いことでしょう。

 

 

実はご自身の態度次第では、敵にもなりますし、味方にもなります。

 

 

できるだけ敵に回すのは避けた方が良いです。

 

 

どんなことをしたら、敵に回ってしまうかと言えば、生半可な知識でコスメトークを挑んだりすることです。そのブランドの良い面をよく知らないまま、嫌っているのに、新製品が登場したから、あらさがしに行くのであればやめるべきです。

 

 

逆に味方になってくれるのは、どんな製品が自分向けかがわからないけれども、必要になったものが欲しいという場合です。

 

 

肌の悩みでも良いですし、メイクのキレの悪さから、何をプラスすればいいかを知りたいという形でもいいのです。

 

 

こういう切実な問題を抱えているお客様には、B.A.は親身になって答えてくれます。

 

 

自分の知識に過剰な自信を持たない

 

 

また最近は不況のせいもあって、強引に販売する傾向は少なくなっています。なぜならこんなことをしたら、自分の勤めるブランドに傷がつきますし、評判も落ちるからです。

 

 

コスメカウンターでは素直に悩みを言って、そのうえでどんなものを用意したらいいか、費用はどれくらいが望ましいか、を言っておくと、意外とすんなりと味方になって、「これだけは外せない」という商品だけをすすめてくれます。

 

 

まず自分の知識に過剰な自信を持たないことが、買い物の礼儀であり、また作法でもあります。

 

 

お互いに不愉快にならないように接していると、買い物も気持ち良く、しかも無駄なくできるわけです。買っても使ってもらえなかったら、その商品は無駄になってしまいます。

 

 

そうならないためにコスメカウンターでは買い物を慎重にしましょう。