コスメカウンターではマナーを守って

コスメカウンターではマナーを守って

 

コスメカウンターへ行くと、さまざまな化粧品が並んでいて、目移りしてしまいますよね。

 

 

この中から、自分に似合う新しい色が見つかるかもしれない、憧れていた色が似合うように変わっているかもしれない。そんな期待を膨らませてくれます。

 

 

しかしマナーは守らなければなりません。

 

 

いくら「さぁ、どうぞ」という具合にサンプルが用意されていても、勝手に手を出すのは失礼に当たります。忙しそうであっても、B.A.(ビューティー・アドバイザー)に声をかけてから、を心がけましょう。

 

 

そうすれば気持ちよく使わせてもらえますし、余裕を持って、選ぶこともできます。

 

 

サンプルを勝手に、しかも乱暴に使っていき、接客をされる前に、接客が悪いと、書き散らす、自称「コスメフリーク」も現在、増えています。これはまさしくモンスターカスタマーと呼ぶ方がふさわしいですよね。

 

 

事実、そういうマナーを知らないまま、化粧品だけに詳しい、モンスターカスタマーは急増しています。買っていけば文句ないでしょ?と思っていたら、もう予備軍です。

 

 

声をかけてから、試しに使ってみる

 

 

使ってみたいものがあったら、B.A.に声をかけるのは、最低限のマナーです。またそのほうが、どう使ったら、さらに似合うようになるか、を正確に教えてくれるのですから、お得だと思いませんか。

 

 

もう化粧品だけに詳しいことは自慢になりません。いかにコスメカウンターで優雅に、しかも礼儀正しく振る舞えるかのほうが重要です。

 

 

化粧品に含まれている成分に詳しくても、失礼な態度しか取れなければ、B.A.も怒りを押さえながら、接客するので、軽い意地悪をされることもあるのです。

 

 

まず礼儀正しく振る舞うこと、面倒がらず、声をかけてから、試しに使ってみることを守ってください。コスメカウンターで品格ははっきりと現れます。

 

 

また品格なくしては、美しさもむなしい中身のないものになってしまいます。