勧められても納得できなければ買わなくても良い

勧められても納得できなければ買わなくても良い

 

多くの方にあるのは

 

 

「コスメカウンターに行ったら、絶対に買わなければ」

 

 

という意識です。

 

 

実はこれは間違いです。すすめられても、自分の価値観に合わないと判断したら、買わないという選択もしていいのです。

 

 

たとえばファンデーションを試しにつけてもらって、肌色は確かに満足できても、つけ心地が気に入らないとしましょう。それなら買うべきではないのです。つけた感触が好みでなければ、そのファンデーションはドレッサーの肥やしになってしまいます。

 

 

化粧品の説明をされても、自分のライフスタイルや好みにあっていなければ、買うべきではありません。

 

 

納得したものだけ買うべきです。

 

 

ですからコスメカウンターで気になった化粧品があっても、説明などされ、ためしにつけさせていただいても、気に入らなければ、買わない、という勇気も持っておくべきです。なぜなら化粧品は夢を与える半面、実用品であるからです。

 

 

その部分を多くのB.A.(ビューティー・アドバイザー)もわかっているはずです。

 

 

好きになれないつけ心地や香りであれば、使わなくなることは明白です。加えて、そこにプラスして、悪い口コミを流れさせられてはたまったものではありません。

 

 

それを選ぶかどうかはご自身の決めること

 

 

コスメカウンターでは自分の好みをしっかり持ち、価値観も揺らがないことで、本当に素晴らしい化粧品を手に入れることが出来るようになれるのです。

 

 

新製品であっても同じです。

 

 

むしろ新製品であれば、さらに自分の価値観を確立させて、選んでいくべきですね。すすめられてから、本当に自分が欲している化粧品かどうなのかを判断することも重要なことです。

 

 

第一印象にはずれはほとんどありません。

 

 

説明を受けて、納得できなければ、買わない、という選択もいいのです。コスメカウンターは新しい出会いも与えてくれますが、それを選ぶかどうかはご自身の決めることです。