コスメカウンターで化粧品を買う価値

コスメカウンターで化粧品を買う価値

今では、高級ブランドもインターネットの通販ではかなり割引になっています。

 

 

安く買おうと思えば、コスメカウンターへ行くこともないのです。

 

 

 

しかしながらコスメカウンターへ足を運ぶだけの価値は十分にあります。

 

 

それはそのブランドのエキスパートであるB.A.(ビューティー・アドバイザー)が待っているということにほかなりません。

 

 

彼女(最近は男性も増えていますが)たちは、ブランドに対して誇りを持って、接客を行います。その接客があってこそ、化粧品の価値も理解できますし、正しい使い方だけでなく、裏技も伝授してもらえるわけです。

 

 

ですから価格は確かに高いのですが、そのレクチャー代も込みだと思うと、決して暴利ではないとおわかりいただけることでしょう。ですからブランドごとに対応は変わりますが、基本的には「買わせる」ことも大事ですが、ブランドの美意識を伝えるため、B.A.は存在しているのです。

 

 

ですから価格が正価で買うという意味も、きちんと存在しています。

 

 

憧れのブランドであれば、初めて買うのであるなら、口紅1本であっても、コスメカウンターに出向くことをおすすめします。ファンデーションであれば、なおのことです。

 

 

接客が良くなければ、買う必要はありません

 

 

もしも接客が良くなければ、買う必要はありません。それだけの態度しか取れないブランドには、それだけの美意識しかないからです。

 

 

心地良く買わせるということがコスメカウンターにいるB.A.の役割です。満足して買うことをさせられないB.A.はいうなれば、ブランドの価値を下げているも同然なのです。

 

 

単なる興味本位で行くこともいいのですが、どうせなら自分を満足させてくれる化粧品を素敵なパッケージで手に入れるべきです。

 

 

また魅力的なものが見つからなくても、メイクのヒントを得て帰りたいのがコスメカウンターです。接客が良ければ、再度、自分が欲しいものを相談しておくこともできます。ですから価格にも意味があるのです。