良いコスメカウンターの見分け方

良いコスメカウンターの見分け方

 

同じ化粧品ブランドであっても、良いコスメカウンターもあれば、首をかしげてしまう場所もあります。

 

 

できれば同じ化粧品ブランドの製品を買うのであれば、良いところが気持ちよく買えるようになるはずです。

 

 

そこで見分け方もご紹介します。

 

 

コスメカウンターの良し悪しは試しに使って見られるメイクのパレットに清潔感があるかどうかでおおよそわかります。

 

 

もしもアイシャドウの粉が散っていたり、ファンデーションのスポンジが汚れているのであれば、あまり良いコスメカウンターだとは言えません。

 

 

それだけB.A.(ビューティー・アドバイザー)の店頭管理が良くないことの現れです。それに汚れているものでは試してみたくはなりませんよね。

 

 

ここで良し悪しはわかるのです。

 

 

またB.A.の態度が「良いものをすすめよう」という姿勢ではなく、「とにかくノルマを達成しなきゃ」という感じであれば、欲しいものがあっても、他のコスメカウンターで買うほうが納得して買えます。

 

 

それにB.A.自身に清潔感がなければ、そのコスメカウンターはおすすめ出来る場所ではありません。

 

 

在籍しているB.A.の質もわかる

 

 

同じ化粧品ブランドであっても、地域によって、B.A.の質も変わってきます。

 

 

「放っておいても、このブランドは売れるから」

 

 

という態度で接客するような場所では買いたくなりませんよね。それも重要なポイントになってくるわけです。

 

 

しかしどうしても気に入っている化粧品ブランドの製品が買いたいのであれば、他の視点で探しても、同じものが気持ちよく買えるでしょう。気持ちよく買うことが出来なければ、化粧品は楽しいものではなくなります。

 

 

見分け方は基本的なことをご紹介しましたが、こうしたポイントをチェックしていけば、在籍しているB.A.の質もわかるものです。

 

 

コスメカウンターは化粧品ブランドの顔です。その顔に泥を塗っているような場所では買うべきではありません。