フレグランスの基本を知ろう

フレグランスの基本を知ろう

日本でも身だしなみに香りを取り入れる方が増えてきました。

 

しかしながら、どんなものでもひとくくりに「香水」と言っていませんか?確かに精油や香料と無水エタノールを配合したものがまさしくそうなのです。

 

ところが、この「香水」には大きく分けて、4つのタイプがあるのです。

 

名称 濃度 持続時間
パルファン、パフューム 15〜20% 5〜7時間
オーデパルファン(オードパフューム) 10〜15% 5時間
オーデトワレ 5〜10% 3〜4時間
オーデコロン 3〜5% 1〜2時間
オーデサントゥール、ソリッドパフューム 3%以下 1時間

 

まず基本的な香りを身にまとわせてくれるものとして「香水(パルファン、パフューム)」。これは濃度が非常に高く、15〜20%含んでいます。効果が持続するのは5〜7時間と長くなります。

 

その次に続くのが「オーデパルファン(オードパフューム)」。濃度は10〜15%まで薄められ、持続時間も5時間までです。

 

そして「オーデトワレ(オードトワレ)」は5〜10%とさらに軽くなり、持続時間も3〜4時間と短くなります。

 

「オーデコロン」がもっとも軽く、3〜5%で持続時間も1〜2時間になります。

 

また無水エタノールを使わないベビー・フレグランスやボディフレグランスは「オーデサントゥール」と呼ばれます。このほか固形タイプのソリッドパフュームもあります。これらの持続時間はあまり長くなく1時間ほどです。

 

この6つをうまく使い分けることが必要になります。香水は持続時間が長いですから、つける場所、そしてその香りがその場にふさわしいかも考慮しなければなりません。濃厚で甘い官能的なものはやはりオフィスには不向きです。

 

一般的に体臭が薄く、しかも匂いが湿気でこもりやすい日本で日常的に使うのであるならば、オーデコロンの軽い香りがおすすめです。

 

持続時間が短いとはいえども、好感をもたれやすいほのかな香り方をしますから、どのようなシチュエーションにも似合います。