フレグランスの保存方法

フレグランスの保存方法

大切に一つのフレグランスを使っている方もいれば、数種類のフレグランスを気分やシチュエーションによって使い分けている方もいらっしゃることでしょう。

 

ここで共通しているのは、封を切ったならば、食べ物と同じようにできるだけ早く使い切らなければならないということです。

 

しかしながら保存方法を知っていたのであるならば、長くあの芳しい香りをうまく維持することが出来るのです。

 

それはどのようにすればいいのか、といいますと、食べ物や他の化粧品と同じように、直射日光を避けなければなりません。加えて暑い場所もフレグランスの香料やアルコールが変質して香りを変化させてしまうのでいけません。

 

理想を言えば、フレグランスも冷蔵庫にしまっておきたいものです。

 

小瓶に移し替えて使うのはおすすめできません

 

しかしながら、あの芸術的なボトルはインテリアとしても楽しみたいもの。

 

そこで部屋の中でも、10〜25℃が保存するには適温になっていますから、あまり気温が変わらない場所を選ぶようにすれば、香料などが結晶化したり、アルコール分が揮発したりすることはありません。

 

ですから部屋の中でも直射日光が避けられて、温度差があまりないところを選ぶようにするといいですね。

 

加えてフレグランスは空気に触れるとどんどん香りが飛んでいきますから、残り少なくなったならば、潔くランジェリーを洗った後のすすぎ水に混ぜて使い切ってしまうことがおすすめです。するとランジェリーにほんのりとお気に入りの香りがついて、本当に香りをまとうことが出来ます。

 

小瓶に移し替えて使うという方法もあるのですが、移し替えることはなかなか難しく、また移し替えている間に、香りが飛んでしまうのでおすすめできません。